ENTRY

aaa aaa

NEWS
2022.06.02

青森アクセラレータープログラムの第2期をスタートします。

2022.06.01

ニュースタイトルが入ります

ABOUT

青森アクセラレータープログラムとは

「ああ青森アクセラレータープログラム」は、起業・創業などの「しごと創り」に重点的に取り組む青森市が主催するアクセラレータープログラムです。成長意欲の高い事業者や起業家に集中的支援を行うことで、その成長を加速し、地域を牽引するベンチャー企業へと育成することを目指しています。

本プログラムの特色は、事業のステージに応じた2つのコース。

「アクセラレーションコース」は、シード期からアーリー期の企業や第二創業が対象。検証可能なサービスやプロダクトを持つ企業、既に導入実績があり新たな協業先を探している企業に対して、ビジネスの仮説検証や専門家への個別相談、社会関係資本の提供などの支援を行います。

「インキュベーションコース」は、起業を目指している方やプレシード期の企業が対象。顧客課題の明確化やビジネスモデル構築、MVP作成などのワークショップを行う中で、ビジネスプランをブラッシュアップします。

「挑戦を誇れる街」をスローガンに掲げる青森市で、新しいビジネスの創出に、ビジネスの加速に、ぜひ挑戦してください。

AAA

VIDEOS

DemoDay(2.16開催)
DemoDay(2.16開催)
公募内容説明会Day2(8.18開催)
公募内容説明会Day1(8.2開催)

THEME

募集領域

以下の4つの分野に特に注力しています。基本的に事業領域は不問ですが、ご参考ください。

くらしのイノベーション
HouseTech・LifeTech・HealthTech

青森市は高齢化率は全国平均より高い一方、平均寿命は下位に位置する、いわば「短命市」。健康づくり、医療・福祉現場が抱える課題の解決が必要とされています。また、当市は県庁所在地の中で唯一、市全体が特別豪雪地帯に指定される多雪都市。雪対策は市民の関心の対象です。これらの社会課題を解決する事業者を求めています。

#高齢化 #健康寿命 #ヘルスリテラシー #生活習慣病 #予防 #未病 #高齢者福祉 #介護 #介護ロボット #生活支援 #地域包括ケア #生きがいづくり #独居 #見守り #遠隔診療 #低密度化 #除排雪 #持続可能な雪対策

農業・漁業のイノベーション
FoodTech・AgriTech・FishTech

豊かな自然に囲まれた青森市では、市全域での稲作を中心に農業・畜産業・漁業いずれも盛んに行われています。一方、今後の従事者の高齢化や労働力不足に対応しつつ、新技術の導入や農林水産業の経営体質強化などにも取り組んでいます。また、地域ブランド化や高付加価値化とともに、販路拡大などを図る取り組みが求められています。

#労働力不足 #生産性向上 #耕作放棄地活用 #ブランド化 #販路拡大 #FaaS #農業DX #スマート農業 #ロボティクス #データ活用 #水産資源保護 #生産者6次産業化 #つくり育てる漁業

スポーツ&エンターテイメント
SportsTech・TravelTech

自然・歴史・祭り・アート・スキー・食などの豊富な観光資源を持つ青森市。近年は、北海道新幹線の札幌延伸など交通網拡大を背景に、広域観光のゲートウェイの役割が高まっています。さらにBリーグの青森ワッツなどのプロスポーツも活動し、市民がスポーツを楽しめる環境づくりを進めるなど、スポーツによる地域活性化を図っています。

#地域資源活用 #インバウンド促進 #ブランド力向上 #観光 #体験型観光 #コンテンツ #スポーツ #青森ワッツ #ラインメール青森FC #地域交流 #スポーツツーリズム

その他
Others

青森市では、多様化・複雑化する地域課題などに対応するため、地域の個性を活かしたまちづくりや広域連携に取り組んでいます。また、耕作放棄地、陸奥湾資源の保全などの課題を見据えた自然保護や再生可能エネルギーの導入推進など持続可能な社会の形成を図っています。社会課題解決やイノベーションに繋がる事業を幅広く募集します。

#SDGs #省エネ #自然環境保護 #海洋ごみ #耕作放棄地 #IoT #ビックデータ #AI #ロボット #交通インフラ #モビリティ #シェアリングエコノミー #サーキュラーエコノミー #インフラ構築 #5G/6G #VR/AR

CASE

プログラム中の支援の一例

参加メリットを活用した下記のようなご支援が、事業領域を問わず可能です。

地域や行政による実証実験の支援

青森市や支援機関と連携し、サービスやプロダクトの実証実験の機会を提供します。

研究成果の事業化支援

科学技術振興機構主催「社会還元加速プログラムSCORE」をはじめ、多数の支援実績がある01Boosterがノウハウを提供します。

青森市への進出支援

青森市や連携する支援機関などのネットワークを活用し、ビジネスを展開したい他エリアの企業の事業展開をサポートします。

市外への進出支援

01Boosterのネットワークやコミュニティスペースなどを活用し、青森で生まれたビジネスを、全国や世界へ広げるサポートをいたします。

MERIT

参加メリット

本プログラムに採択された方々に、さまざまな参加メリットをご提供します。

先輩起業家、VC、金融機関など、多様な専門家などと連携したサポートを想定しております。

行政の主催するアクセラレーターに採択されることで、社会的な信用を得ることができます。

広報・メディアによるPR支援を想定しています。

※必ずしもお約束できるものではございません。

月1回ペースでセミナー・ワークショップを受講いただけます。

期間中は01Boosterの施設(有楽町SAAI)を利用可能です。

青森だけでなく、東京圏の支援者・企業、他プログラム採択企業などとの交流機会を提供します。

SUPPORTING PARTNERS

支援機関

以下の支援機関とともに事業加速を支援いたします。

SCHEDULE

スケジュール

以下のスケジュールを予定しております

募集期間

8.2 Mon.

公募内容説明会

9.10 Fri.

応募締切

応募締切まで随時、応募プランに対するメンタリングを行います。

9月

1次選考(書類選考)

1次選考(書類選考)は最終期限後、3週間をめどに通知します。

qqq

qqq

プログラム期間

10〜2022.2月

アクセラレータープログラム期間

選抜チームを対象に約4ヶ月間、月1回以上のメンタリング・講義・定例会などを開催予定です。

EVENTS

青森アクセラレータープログラム DemoDay
2022/2/16(水)13:30- ONLINE

MENTOR

メンター
うつのみや産学官金連携コーディネーター
カタリストのご紹介
濵地 正成
うつのみや産学官金連携コーディネーター
高橋 英基
うつのみや産学官金連携コーディネーター
櫻井 仙長
うつのみや産学官金連携コーディネーター
小池 一朗
うつのみや産学官金連携コーディネーター
岩井 俊宗
NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
代表理事
常川 朋之
株式会社エンターテイン
代表取締役CEO
01Booster
ゼロワンブースターの人々
鈴木 規文
代表取締役 会長
合田 ジョージ
代表取締役 CEO
川島 健
取締役
加藤 剛広
社外取締役
桑田 靖章
執行役員
十枝 真弓
アドミニストレーション部
ディレクター
水野 亜依子
企画PR部
ディレクター
(スペシャリスト)
ブランスクム 文葉
コミュニティ開発部
ディレクター
平塚 優子
事業創造ソリューション部
プリンリパルマネージャー
平岡 仁志
事業創造ソリューション部/事業開発部
プリンシパルマネージャー
小板橋 直也
地域イノベーション部
プリンシパルマネージャー
武田 清誉
アドミニストレーション部
プリンシパルマネージャー
木本 恭介
事業創造ソリューション部
マネージャー
(知財スペシャリスト)
戸田 裕也
マネージャー
川岸 亮造
マネージャー
江守 慎一
マネージャー
本庄 正季
事業創造ソリューション部
マネージャー
矢野口 聡
事業創造ソリューション部/地域イノベーション部
マネージャー
磯 桂子
地域イノベーション部/
コミュニティ開発部
マネージャー
小林 岳人
事業創造ソリューション部/地域イノベーション部
マネージャー
小林 輝之
地域イノベーション部
マネージャー
畠山 紗央里
アドミニストレーション部/
地域イノベーション部
マネージャー
山口 結菜
マネージャー
石田 雄彦
事業開発部
マネージャー
丸山 有弥
マネージャー
坂井 貴大
マネージャー
原口 岳
事業創造ソリューション部
小山 楓
地域イノベーション部
大城 摩希子
地域イノベーション部
前原 舞音
奥田 敦葉
水谷 真人
山本 由香
鈴木 梨紗
渡邊 明日香
渡辺 朗
江本 祐太朗
永森 徹記
杉田 剛
小川 香織
森 博樹
梅木 玲奈
冨田 到
浜宮 真輔
株式会社ゼロワンブースターキャピタル
取締役・パートナー
大西 政徳
株式会社InnoScouter
CTO

OUTLINE

募集要項

皆様のご応募をお待ちしております

募集条件
募集期間募集開始日:2021年10月12日(火)
締め切り日:2021年11月30日(火)
募集対象者募集開始日:2021年10月12日(火)
締め切り日:2021年11月30日(火)

お問い合せはこちらからお願いいたします。

FAQ

よくある質問
アクセラレータープログラム全般
約4ヶ月間のアクセラレータープログラム期間中どんなサポートをしてくれるのですか?

その他、以下の環境を提供させていただく予定です。
・メンタリングや相談を随時できる環境を提供いたします
・必要なリソースやネットワークを紹介します(お約束するものではありません)
・2週に1回の目安で定期ミーティングを開催し、KPI進捗確認やアドバイスをします(必ずではありません。各起業家・事業家のペースに合わせます)
・月1回、報告会を開催します

アクセラレータープログラム期間中、オフィスは提供されますか?

はい。本アクセラレータープログラム期間中、01Boosterオフィス(場所:東京/有楽町)を無料で利用することができます。日常的に01Boosterメンター陣とのコミュニケーションが可能になりますので、積極的にご利用ください。

質問が入ります

答えが入ります

メンター
メンタリングやネットワーク紹介を希望するときはどうすればいいですか?

本アクセラレータープログラム期間中、01Boosterにご相談ください。

カテゴリが入ります
ああ

あああ

運営者について

青森市は、青森県のほぼ中央に位置する人口約28万人の県庁所在地で、江戸時代より本州と北海道を繋ぐ交通と物流の要衝として発展した、北東北における交通・行政・経済・文化の拠点都市です。
面積は824.61平方キロメートル。これは、青森県の中でむつ市に次ぐ2番目の大きさです。人口は青森県の中で一番多い278,964人(男129,917人、女149,047人)、世帯数は136,457世帯です。(令和2年4月1日現在)
八甲田連峰や陸奥湾などの美しい自然に囲まれた青森市は、四季折々の景観や、りんご、カシス、ナマコやホタテなど豊富な食材に恵まれています。
また、日本を代表する火祭り「青森ねぶた祭」や世界遺産登録を目指している三内丸山遺跡をはじめとした縄文遺跡群などの文化や歴史など、ここにしかない豊かな宝物を有している大変魅力的なまちです。

「日本を事業創造できる国にして世界を変える」という企業理念のもと、さまざまなプログラムやサービスを通じて、事業開発、ひいては人材開発、組織開発に寄与する事業創造パートナーです。
大手企業とベンチャー企業が足りない部分を相互に補完し合い、イノベーションを共創し、事業の成長を加速するオープンイノベーションプログラム「コーポレートアクセラレーター」や社内起業家を発見・育成するプログラム「イントラプレナーアクセラレーター」を展開。事業会社だけでなく、行政、地域、大学など、それぞれの特徴に合わせた事業創造プログラムを、組織の規模・業態・フェーズに合わせて提供しています。
また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営やベンチャー投資、大手企業人材のベンチャー留学など、事業領域を拡大中。個人のアイディアを形にするワーキングコミュニティ「有楽町『SAAI』Wonder Working Community」の運営も行っています。